コンテンツ

水漏れ給湯器 交換しよう

水漏れが発生し、壊れてしまって修理するぐらいなら、いっその事これを機に新しいものに替えてしてしまった方が良いと考える人も多いのではないでしょうか。修理しても経年劣化による全体的な衰えは防ぐ事が出来ず、今度は修理した部分とは別の部分が悪くなることも考えられます。
また基本的には屋外に設置されているため、雨風などによって外側を覆っている鉄板などのサビやひび割れなどの劣化も考えなければなりません。若干使用できる期間がのびたとしても、やはり寿命には限界があるのです。水漏れなどの不具合は気づきにくく進行も早いので、交換するのも方法の一つです。その際の注意点などをまとめてみました。

■水漏れしたら給湯器 交換を検討しよう

新しいものへと替える際は誰が作業してくれるのでしょうか。自分の住んでいる家は工務店や建設会社、またはハウスメーカーなどが建築したものですが、給湯器の取り付けというのはガス工事を伴いますので家を建てた工務店などは行ってくれません。
ガス関連の作業には複数の国家資格が設けられていて、有資格者でなければ作業は出来ない事になっています。とりわけ給湯器の取り付けに必要な国家資格は、ガス機器設置技術資格制度に基づいたGSSと呼ばれるガス機器設置スペシャリストの資格や給水装置工事主任技術者の資格などが必要であり、これらの資格のない者が作業を行うと違法になってしまいます。
たまに給湯器関連の広告などで、メーカーよりも安く出来ますなどの謳い文句を見る事もありますが、これは簡単な修理だけで、交換はちゃんとしたメーカーに依頼するのが安心です。修理にしても資格が必要ですので、激安に惑わされてネットなどで見かけた業者にすぐ依頼するのは避けた方が無難です。

■水漏れで給湯器を交換するとどれぐらいの時間がかかるのか

それでは交換する際にどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。簡単な修理でしたら電話一本ですぐに駆けつけてくれますが、交換となるとそうはいきません。お湯は一日でも使えないととても困るものです。まして冬場はなおさらです。いざという時の為にかかる時間を知っておくと、依頼する時の目安になります。
給湯器が壊れた際は、家を建てた工務店や管理会社などに連絡してもよいのですが、取り次ぐ時間などで対応が遅くなることもあるので、直接修理業者へ問い合わせた方がよいかも知れません。時期や時間帯、業者によって異なりますが、一般的には連絡した翌日から翌々日あたりには担当者が来てくれるでしょう。交換にかかる日数を確認しておき、その間の対応をどう行うかあらかじめ決めておくと給湯器が使えなくて困るといった事態を避けられます。

■まとめ
交換には若干時間が掛かりますので緊急の場合はとても困ってしまいます。いざ使えなくなった時も慌てないように常日頃から給湯器などの関連知識を押さえておく方がよいでしょう。
また給湯器の取り付けには国家資格を有している事が必須条件ですので、ネットで見つけた聞き慣れない業者に慌てて依頼しないよう、日頃から安心出来る業者やメーカーなどをいくつか見つけておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ