コンテンツ

給湯器の水漏れ故障の原因

故障を放置しておくととても危険で重大事故を引き起こす事もあります。そのうちお湯が出なくなるばかりでなく、電気系統などにも水が入り込み漏電や火災の原因になる事も考えられます。想定外の事故を引き起こすこともありますので早急な対応が必要です。
故障を起こす時は一箇所だけでなく複数箇所が悪くなっている事も考えられます。水漏れを起こす原因はいくつか考えられますので、これらの原因を知っておくだけでも今後の対策を講じる事が出来ます。水漏れを発見したらまずは業者を呼ぶ前に自分で点検してみましょう。

■水漏れ故障の原因となる給湯器内部のゴムの劣化

故障の代表的な原因の一つが、給湯器内部で使われているゴムの劣化です。内部にはゴムが使われているところが複数あり、どこか一箇所でも不具合を起こすと水漏れを起こします。給湯器内の水の通り道で使われているパッキンはゴム製のものが多いので、年月が経つにつれ柔軟性が失われて硬くなってしまいます。ゴムが硬くなるとひび割れを起こし、そこから水が漏れます。これはゴムの性質上防ぐ事ができないので、経年劣化によってこの現象が起こる事は想定しておく必要があります。
これらの部品はゴムであるため価格自体はそんなに高いものではありませんが、交換には給湯器を分解する必要があり資格を有していなければいけませんので、プロに依頼した方がいいでしょう。

■もう一つの給湯器水漏れ故障の原因は金属の劣化

もう一つの原因として、内部の金属部分の劣化が挙げられます。こちらは内部で使われている銅管が錆びてそこがひび割れを起こし、水漏れをするという事が原因です。こちらは稀な事例ですが、使用期間がとても長かった場合には起こりうる現象です。銅管内が薄くなり、強い水圧がかかったりした時には錆びてもろくなった部分からお湯が漏れてきます。
この場合は非常に危険であり素人が間違って給湯器のカバーを外すとお湯が吹き出してくる事があります。この現象が起こった場合は既に給湯器が寿命を迎えている場合がほとんどです。銅管が錆びて破損した場合は溶接などで修理費用を浮かす事も出来ますが、時間の問題で結局はパイプごと交換しなければならなくなり、修理費用が余分にかかってしまう事になります。こういった故障の場合は、はじめから交換を考えた方がよいかも知れません。

■まとめ
故障箇所を押さえてえておくと、いざ水漏れを発見したときにもどこが悪いのか分かるので、慌てる事もなくなります。長期間給湯器を使用しないだけでも水漏れを起こす事があるので、本当の故障なのか結露や凍結によるものなのか判別出来るだけでも違います。
しかしながら素人が勝手に蓋を開けたり部品をいじったりするのは非常に危険ですので、あくまでも自分がするのは点検だけにとどめておき、修理は業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ